ブログカテゴリ:本日の練習



27日 4月 2017
相手に技を掛ける時、普通相手に触れる手先を意識しがちになります。 相手と触れるところは虚にし、まず体幹・腰を使うこと。 これが大切です。 基本功でも毎回うるさいように言いますが、腰ですね! 錬成クラスの搬攔捶の用法はそれが理解しやすかったのでは無いでしょうか。 それだけで技のかかり方が変わります。無駄な力が全然要らなくなるんですね。...
05日 4月 2017
春ですね。 鴨居駅からららぽーと横浜までの間にある鶴見川の桜が咲き始めており、花見を楽しむ方々が大勢いました。桜は気を発散させる性質があるといわれます。悪い気を発散させたあとは練習で良い気を集めましょう。 さて、...
02日 4月 2017
当スタジオでは抱球式を非常に大事な姿勢だと位置づけています。 3月の相模原教室はこの抱球式をテーマとしました。 抱球式というのは両腕を上下に分け、大きな球体を身体の前に抱えているような姿勢のことですね。 肩を落とし、両肘を合わせ、左右の腕を陰陽に分けます。 この抱球式は様々な技の開始動作として套路に組み込まれています。...
05日 9月 2016
8月の横浜教室は套路を覚えるということで、楊式太極拳の一段に注力して練習を行いました。 一通り、通してできるようになりましたが、まだまだ健康体操レベルの理解ではないかと思います。 当スタジオが目指す太極拳はただの健康体操ではありません。 (もちろん、健康にも良いです!というかめちゃ良いです。)...
23日 8月 2016
今週の相模原教室は和室で行いました。 基本功を使うというテーマでしたが、畳に合わせた練習を増やしました。 畳に合わせた練習と言うのは、崩しや投げ技ですね。 普段のフローリングでは倒し切るところまではやらないですが、地面に転がすところまで行いました。 やはり最後まで倒し切るというのは非常に大切なことだと思います。...
15日 8月 2016
横浜教室は3ヶ月目に突入。 今月中に楊式の一段目の套路を一通り終わらせるべく少し駆け足で進みました。 そこに立ちはだかったのが撇身捶。 撇身捶は套路では一方向しか有りませんが、技を理解するには左右交互に行うことでイメージできますので、これを左右続けて行いました。...
05日 8月 2016
ここしばらく楊式太極拳の練習に偏っていたので、今回の相模原教室はちょっと趣向を変え、太極拳と心意六合拳で、身体の使い方が同じ技を比較練習しました。 これまでの楊式太極拳の技がきちんと出来ていれば、心意六合拳の技がすぐに理解できるという一粒で二度美味しい内容でしたが、いかがだったでしょうか?...
26日 6月 2016
健康にとって、血流がスムーズに流れるということは非常に重要です。 横浜教室では簡単に血流状態をチェックする方法をご紹介しました。 ウォーキング・ジョギング前後・スポーツ前後等々、色々な運動の前後で血流がどう変わるかチェックしてみるといいと思います。 あまり実際に比較したことが無いので、是非結果をお知らせください。...
16日 6月 2016
6月の相模原のテーマは立円です。 立円は自分の正中線上の円の動きです。 立円は教えないところがあると聞いたことがありますが、当スタジオでは基本練習として練習しています。 下半身と骨盤の動きで縦の円を描き、その動きを柔らかく背骨を使って手先に伝えます。 これ、全身を使ってますよね。これが大切です。...
07日 6月 2016
昨日は横浜の初回練習でした。 基本姿勢と呼吸をテーマと掲げましたが、振り返ってみると、基本姿勢と放鬆がテーマになっていました。 太極拳には色々な字訣・歌訣※がありますが、我々は放鬆を一番に掲げます。...

さらに表示する