こちらではSTUDIO NeiJia会員のみなさまの生の声を掲載させていただいています。

教室の雰囲気を知る参考になればと思います。

 

現時点で、女性会員の掲載のみですが、スタジオの男女比はほぼ半々です。

掲載は随時追加予定です。


(30代 女性 N様)

 

 人生ぼやっとしていたころ、長く打ち込める何かを求めて、内家拳を始めました。
 もともと心身の健康への関心も高く、体を動かすことも好きでした。子供のころは器械体操やバスケをやっていたせいか、「運動」=「瞬発性のある競技」という意識が強く、入会したころは、ゆっくり動く太極拳に新鮮さと不思議さを覚えつつも続けていけるか不安がありました。

 通っているうちに、単純に呼吸法やリラックスして体を動かす気持ちよさを感じられるようになると、発散しきらないモヤモヤなどはなくなり、むしろ疲れも残らずに心も体もすっきりするようになりました。今では身体の使い方を深く追求していく面白さや、点と点が繋がるような発見があるなど、楽しさが増しています。

 今年は套路(型)の全国大会に出ることを目標に練習に励み、満足する表演もすることもできました。
 これからも心身の成長を楽しみに、教室の仲間と気持ちよく楽しく続けていきたいと思います。


(40代 女性 Y様)

 仕事のストレスからくる冷え性と不眠治療で鍼に通っていたところ運動不足を指摘され、運動音痴で体の硬い自分でもできるのでは?と太極拳を選びました。

 太極拳独特のゆっくりとした動きや瞑想のような時間を持てる型を学ぶうちに、体がだんだんリラックスした状態を覚え始めたからか、仕事中も精神的なプレッシャーを受けにくくなってきました。

 クラスでは関節等細かい体の使い方を意識した動きを学べるため、日常的にも体に意識を向ける癖がつき、自分の体を使うことの楽しさに目覚めることができました。今では毎日なんとなく幸せな気分で目が覚めて夜も幸せな気分で眠りにつく、という不眠とは無縁の生活を送っています。

 個人のペースを配慮したレッスンを受けられるので、新しいことを覚えるのが苦手な私でも無理なく1年以上続けてくることができました。これからも自分のペースで楽しく太極拳を学んでいきたいと思います。


(50代 女性 K様)

 

 始めて一年が経ちました。

 二十年続けていたテニスは、ボールの音や声が飛び交う躍動の時間でした。調子の波があって同じように気持ちの波があり、またそれが楽しくもあり、勝ち負けにこだわる日々でした。なかなか心も身体もついて行くのが難しくなっていた時に、内家拳に出会いました。

 そこは静寂の時間で自分と向き合う時間でもあります。

 今は一つ一つの技を繰り返し毎日練習しています。呼吸を整え自らの体と向き合います。そうしていると何か見えてくるものがあります。「自分探し」という言葉がありますが、深く自分を掘り下げて行ける大切な時間となりました。


会員のみなさまありがとうございます!

 

また励みになるお言葉、ありがとうございます。

この場でお礼申し上げます。